みなさん、お久しぶりです。
ヒュープロで社長をやってます、山本です。

本日、株式会社ヒュープロは、7年目に入ります。

ヒュープロにとっても私にとっても、1年という時間は進化が多すぎて、
自分の想像を超える、
成長せざるを得ない
環境だった。

お陰で、業績は好調。
月間約1000名のユーザー登録があるまでにサービスは成長し、
弊社サービスを使ってご転職いただく方が増え続け、
クライアント様の組織作りを丸々をお任せいただくような大きな仕事をおまかせいただく機会も増えました。

取引推移
(※企業運営上メモリは控えさせていただきます。)

2021年で初めて新卒社員を迎え入れることになり、
何事にも貪欲に挑戦し、なんでも吸収して、自分たちでも焦るほどぐんぐん成長する姿に
やっぱり新卒は良い! 」と思い、
ヒュープロで初めて、ちゃんと新卒採用をしよう!と、2022年度新卒採用を開始することができました。

内定式運営と新卒メンバー
(※2021年卒が企画する、2022年度卒の新卒内定式)

その中でも、組織やプロダクトの成長は、私たちの成長を待つことなくどんどん伸びていき、
お客様は増え続け、先手を打ってやっておきたいことも増え、
部署もチームもリーダーも気づいた頃には増えていました。

それでも、ヒュープロはもっとお客様に応えたいと思う毎日で、
社内のリソースがどうしても足りなくてお断りさせていただく案件が多く、とても悔しかった。

だから、採用を強化していくことが経営の最重要課題となっていました。

初めて人事部を立ち上げ、ガッツリ採用するぞ!と気合を入れました。
それと同時にヒュープロを立ち上げた当初に側で一緒に頑張ってくれた創業メンバーに戻ってきてもらい、
半年前に比べ社員数は5倍以上に増え、
毎月メンバーが増えるってこういうことか...と私にとっても新鮮に感じると同時に、
毎月新たに自己紹介を聞けることが楽しくて、嬉しくて、もっともっと会社を大きくしたい!と思う気持ちが強くなっていきました。

555会議あと

一歳分の学びで、気づいたこと。

①事業を伸ばす、ということ以上に大切な事はない

特に今年の4月に入ってからは、 事業最優先 で自分自身も軸足を置いて動いてきました。

顧客の声を聞いて、ヒントを得てはすぐに事業に活かす。
1週間単位で施策が走り、1ヶ月単位でチームが大きくなっていく。

その時に、痛感させられました。
事業を作ったなら、その事業を大きくすること以上に大切な事はない、と。

数字が伸びていくのを実感して、何かあるたびに、
誰かがどうとか、今タイミングが悪いとか、私の仕事じゃないとか、経営者は手を動かしてはいけないとか。
そうやって、今事業を伸ばすために是が非でも向き合わないといけない瞬間に、今までの私は、
言い訳を沢山並べていなのかもしれない。
事業を大きくすることは体力のいることで。
考え動き失敗し、振り返ってはまた動きの連続です。

だからこそ、事業を伸ばすために
「やるべきこと」を「やれないこと」にすり替えてしまってはいけない
と実感しました。

全体会議
(※昔暗かった全体会議も、明るく笑いが飛び交う場に変わりました)

事業が伸びれば数字が伸びて、
メンバーが増えて初めて組織ができる。
資金が集まれば、組織に投資し、事業に投資し、理想とする会社を作れる。

その原理原則を忘れてはいけない。
どんな言い訳を並べても仕方がなくて、
事業を伸ばすこと以上に、大切なことはない。

②強みを活かす、「強み」

どうして伸びたのか?を組織の観点で答えるなら、間違いなく即答できるのは、 強みを活かす人事配置 をしたから、です。
「乗り越えなければならない」という状況で、思いっきりメンバーを頼ったこと、
役職や地位ではなく、強みに応じて役割をお願いすること。
そして欠かせないのは、メンバー自身も気づいていない「強み」を発掘し、
未知への挑戦でも信じて抜擢をすること。

「強み」をベースに成長をする人は、強い
そして、「強み」を活かせる「強み」を身につけられることは、 強い

リソースが無い、でも私たちは「大きくしたい」を一心に毎日「どうやったらできるか」を常々考えるようになってから、
シンプルに、 できる人がさっとやるのが早い 、と思ったんです。

さらに友人の勧めで、「ハイキュー!」を見て、改めてチームの素晴らしさを実感し、 人の集合体は不可能を可能にする と思いました。

勝利シーン

アタックしかできない人、と見るのか、アタックがかなり強い人、と見るのか。
守備しかできない人、と見るのか、守備が最強の人、と見るのか。

自分がどう見るか、強いては自分が「どんな言葉を使うか」によって、
人の活かし方は大きく変わる。

その強みを発掘し、最大限活かすということが、リーダーの大切な役割の一つだ、と実感しました。

誰もが「不可能」でしょと言うこと、
「もっと時間がかかる」と言うことの数々を、チームの力で成し遂げてきました。
どんな不可能なことも「チーム力」で乗り越えられるのが、私たちヒュープロです。

新卒マネージャー
(※挑戦の文化作りをしたいヒュープロにとって、新卒マネージャーの抜擢に挑戦できたことは、大きな全身となりました)

ヒュープロは

挑戦し続けたい人にとって、最高な場所

であり続けたいです。

この先も大切にしたいこと。

進化し続けること

この1年、大きく成し遂げたことは「変わり続けること」です。

時代が変わる中でも、変化をいち早くキャッチアップし、時代の変化を超えて私たちから変化を起こすこと。
[最速転職](https://hupro-job.com/ "最速転職")も「うまくいかない」と言われ続けてから成長したサービスです。
それを業界変革に恐れずに取り組んだから新たな価値提供ができたと言う根本価値に常に立ち返るべきだと思いました。

壊すことからイノベーションが生まれる。
悪しき風習を守ることより、変化を起こすことを守りたい。

私たちが成長してきた秘訣を、今後も成長する私たちの強みとしていきます。

最後は自分がいる、と言う強さ

誰もが「最後は自分がいる」と言う強さを持てる会社にしたい、この思いはこの先も変わらないです。

昨年のブログでも書かせていただきましたが、
私にとって 「最後は自分がセーフティネット」
と言う株主の言葉は強いバイブルとして残っています。

その自分がセーフティネットになれる強さを、
ヒュープロで働く全てのメンバーが手に入れられる環境にしたい。
それに欠かせないのは 「成長」 です。

何か成し遂げたい時に、自分セーフティネット、と言い切れると言うのは、自信があると言う証だと思います。
その自信をみんなが身につけられる成長環境を作っていく。
そして、私も常に「最後は私が必ずやり切る」と言える姿勢を見せていきたいと思います。

「成長を応援し、挑戦を歓迎する」
を、ヒュープロは大切にし続けます。

誠実な思いで、感謝を忘れない

そして何よりも、ここまで来れたのは、お客様がいて、株主がいて、みんながいるから。
集合写真

この先もそれは絶対に変わらないことで。
私一人では進めなかった道のりも、想像できなかった未来も、
描けるのは支えてくれる人たちがいるから。

だからどこまで行っても、
誠実に、感謝の気持ちは忘れない
それを大切にできる会社でありたい。

そして最後に

何度も、きついと思ったことはあるけれど、
一度も、辞めたいと思ったことは無い。
そしてこれからも、必ず、アジアを代表する会社が、日本を世界一にするまでは止まることは無い。

私たちには、まだまだ応えたいと思うお客様がたくさんいます。
アジアを代表するまで、あきらめないです。

だから、私たちと一緒に、7年目以降も走ってくださる仲間を募集しています!

そんなコトを大切にするヒュープロで、
凄まじい成長の中で、
一緒に会社を作りませんか!!
(ご興味ある方は全ポジション募集ですので、こちらからエントリーしてください!話しましょう!)

ヒュープロは7年目も、どんどん成長します!
もっとたくさんのお客様に応えて、日本の経営管理がグローバルスタンダードに成長することに貢献をします。