お久しぶりです!
ブログの更新もすごくご無沙汰になってしまいました。
が、ヒュープロも私も元気です。

ヒュープロはついに、6年目に突入しました。
6年、は長かったのか、短かったのか。もうそんな経つのか、という焦りもありました。
でも今の私、山本は自分でもエネルギーを押さえきれないほど、本当に心から、ワクワクしています。

今日は、皆さんへの感謝の気持ちを込めてヒュープロについて今までの振り返り近況報告とこれからについて書かせていただきます!

6年間やって組織崩壊とか、マネージャーが辞めるとか、業績が伸びずに悩むとか、まだまだでしょうけど、

おお、これがハードシングスか

なんて思えるものは一通り通った気がします。
そして長い間、自分自身が「自分を表現する」こと「想い(思ったこと)を伝える」ことができずに、内心とても苦しい毎日を過ごしていました。

今振り返ると、経営者としての力不足・準備不足が故のハードシングス、だから次はそうならないように先手を打ち続ける、と思うことができています。

その上でも予想だにできないことは起き続けるので、それを乗り越えるワクワクな思い(社内では気の技と呼んでいます)を常に身につけることができました。

そうやって個人の経営者としての成長、ヒュープロの成長、そして今こうして自分がサービス向上やプロダクト作成に向けて全力投球できているのは、今日まで一緒に走ってくれてるメンバー・株主というチームのみなさん、クライアント・ユーザーのみなさんがいてのこと、と実感し、心から感謝申し上げたいと思います。

本当に、ありがとうございます。

1ヶ月、2ヶ月というスパンではなく、改めて5年、10年、100年、そして自分がいなくなった後世が育つ社会を作ることで、感謝の気持ちを社会に還元していきたいと強く思います。

5年目の1年間

辛かったこと

オペレーションを作ろう、加速させよう、と意気込んでいた矢先、組織崩壊、年末一人で迎える資金調達、コロナによる情勢不安定、(学びになったことがいっぱいあるのでどこかで詳しくブログにします!)

メンタルが極めて強いと自負している自分ですが、その時ばかりは食事が喉を通らないほど、体がきついと嘆いていました。

もはやそれさえも、「痩せてラッキーじゃん!」と思えるほどに、私はポジティブなんですけどね。

それでも幸せなことの方が多い

でも私には、とにかく自分だけは最後まで凛と立っていればなんとかなる、と株主に言われた言葉がバイブルになり、
本田さんの言葉

とにかく踏ん張り続けよう、と自分を勇気付けて粘りました。そして、本当に常々諦めなくてよかったと思うことができています。
組織を作り直し、それぞれの領域に力を発揮して、責任感を持ってやり遂げてくれるチームが出来上がり、

部長メンバー

今となっては1日5件以上の契約の取引をさせていただくほどクライアント数も常時増加し、ユーザー数は順調に伸び続け5000名を突破し、
ユーザー数
数十名から100名規模で採用の枠をお任せいただくことや、1社全部の管理部門が最速転職で作り上げられているなんていうこともあったり、監査法人様や主幹事証券様からご依頼いただくこと、
IPO 前の会社、その後のIPOまで末長くご依頼いただくこと、毎月必ず数名のご相談を私個人にもご紹介いただけること。

昨年比重要KPIが300%成長を遂げ、
重要KPIの図
こんな図を見ながら自分たちでも胸を張ってサービス説明ができるようになって(*メモリは非公開事項なのでご了承ください)
成長の図1

サービスが成長していくこと、組織が変わり成長していくこと、人が進化し成長していくこと、本当に幸せだな、と感じます。

やっぱり、スタートアップって最高じゃんって思うんです。

思ったこと、感じたこと

そんな1年の中で、ああそうだなぁ、なんて思う三つのことがあります。

自分が自分でいられることの幸せ

部長写真笑顔
人に何も思ったことが言えない私で、そんなんじゃうまくいかないとわかっていながらなかなか変われませんでした。
でも今のチームは、自分の強みも弱みも、かっこ悪いところも受け入れてくれて、「あ、自分であって良いんだ」と思わせてくれます。
私は私の強みを生かすから、あなたはあなたの強みを生かして、みんなで遠いところに行こう!なんて思って、背中を預けることができる。

自分が自分でいられることの幸せを感じました。

だからこそ私たちは、自分が自分でいられる、職場を今後も強化して作っていきたいと思います。

「誰もが活躍できる」を改めて追求したい

さらに自分が自分でいる、自分のキャラクターや特性を生かして受け入れてのびのび自分でいられるためにも、再現性を追求して、誰もが活躍できる環境を作りたいと強く思いました。
「意識高い第二新卒!」なんて言わなくても、「やりたいことが見つかってな」くても活躍できる、
本当に色々な人が 「ここにくれば」仕事で活躍できる組織 にしたい。

改めて、このヒュープロという場所を自信が着く場所にしていきたいなと思ったんです。

「幸せ」の経営がしたい

そして、結果、私は仕事を通して、「幸せだ」と感じる日常を作れる経営がしたいと思いました。
経営者として、プロとして、そんな言葉と「幸せ」って両立し得ないのか?と常日頃探求してきたんですが、その結論が 「できる」 でありたい。

プロとして仕事をこなして、プロとして良い結果を残していく。
誰もがそんなプロを目指す組織でありながら、さらに、仕事をする、ということの「幸せ」を感じる場所にしたい。
そのために必要なのが、誰かが好きだったり、誰かを幸せにしたいだったり、自分はこれがしたいだったり、自分はこれが得意だったり、

自分の意思、自分の気持ちが必要なんだ

と思いました。そんな自分の気持ちを出すことも、一緒に見つけていくことも、生かすことも、そしてそれをアクセプトしていける 「幸せ」の経営 をしたい。

6年目の来年1年をどうサバイバルするか

改めて、原理原則に戻って、私たちは日本を世界一の国にすべく、アジアを代表する会社を目指すビジョンに立ち返る。そんな1年にしたいと思います。

その上でまずできることは経済への貢献、ぶれずに経営管理のヒトモノカネ情報の課題解決に徹する
そして1000兆円のポテンシャルを秘めているマーケットへの挑戦をする1年にします。
まだ、自分たちの今後の展開、挑戦していく事業について公表はできないですが、本当に楽しみで、本当にでっかく、大胆に挑戦をしていくんだなと心踊っています。

そのために、メンバーの増員、経営体制の強化、と全部署を拡大し、強化していく1年にしていきます。

興味ある方は全ポジション募集中ですので、ぜひエントリーをお待ちしております!
ヒュープロの募集職種

そして改めて、私は、この経営管理というマーケットが大好きです。
経理も法務も、税理士も士業も今以上にスポットライトが当たって、情報の流通化が進めば日本の経済がもっともっと面白くなると確信をしています。

そして、ここにきて、改めて「女性」として、「女性にとって」を。

来年は、「女性」というキーワードを掲げて、女性が活躍できる社会の促進と、まずは私たちから、そんなフィールドを作って行きたいと思います。

私は、ずっと働く母を見ながら、「女性である」ことと「仕事頑張る」ことの両立が難しいと言われていること、女性としてのキャリアは「子育てまで」と言われることに常々違和感を感じていました。

だからこそ、私自身がまずは、ロールモデルになり、もっと全国の女性の新たな道をひらき、勇気を与えられる存在になりたいと思っています。
そして女性も活躍、女性だから活躍、そして自分の今までのバックグラウンドを超えた新たな可能性を見出せるフィールドを作っていきたいと思います。

今年に入ってから新たな女性メンバーを迎えたり、そして私自身も女性として、様々なライフイベントがあって、様々なキャリア転換があっても、女性であるということに胸を張って、活躍できる環境を作って行きたいと思う。

私は改めて、性別関係なく、働きたくても働けない、をなくして行きたいと思う。
まずはその地盤固め。来年は、やっていこう。

その先にあるもの、ヒュープロの未来

会社としてどうなっていくのか

「幸せ」の経営を通して、日本を世界一の国にできるように"人の幸福"と"経済の発展"に貢献できる会社になる。

まずは、社内のメンバーから。どこにいっても、どんな社会になろうと活躍できる社員育成に力を入れていきたいと思います。
そのために、率先して社内の人員育成、成長する仕組み作りをしていきます。

そしてさらには、経営管理を重んじる私たちは、

日本1、管理本部長を生み出す会社

を目指してみようと思っています。

ヒュープロで働くすべての人が、
全員ファイナンス思考
を身につける、そんなクールな会社になっていきます。

最後に

この間あった先輩から
「BtoBに銀の玉無し」と言葉をいただきました。
地道にコツコツと小石を重ねる。サボらず、執念強く、そして真摯にこの先もずっとやっていこうと、改めて思いました。

私たちもまさに、コツコツと小石を積んでいる。
戦術を磨き上げ、常に言葉一つ一つに耳を傾け、クライアントの要望をどうかなえるか、どう幸せにしていくかを考えて来たましたが、だからこそ、顧客の声を聞くという行動そのものも、ルーティンになってしまうと、作業に変わってしまう恐怖があります。

そうではなく、顧客の声を聞くというのは何か、顧客の悩みを共に解決するというのはどういうことか、それを考え、これからも常に一つ一つ丁寧に行動をして行きたいと思います。

そして私は、真に価値のある会社は、作り上げているメンバーがいなくなってから、社会に還元できているか、にあると思っています。
究極、他界した後、どれほど後世の役にたち、人を育てているか、その継続性があるか・どうかに会社の真の価値があると思います。

だから私たちは、5年の壁を超え、次は10年を目指し、
その先は、
100年と言わず、私たちがいなくなってからがより価値を発揮できる、

生まれ変わってもなんども入社したいと思える会社を目指していきます。

そして、ヒュープロは、強いメンバーが集まっている。
個性も強く、強みもはっきりしている、とっても良い会社です!
そんな会社を一緒に作っていくメンバーを大募集中です!

食事会

6周年の今、改めて、ビジョンに立ち返って、やるべきことを真摯にやり、誠実に物事に向き合って、
でっかい会社を作っていきたいと思いました。

今後とも、ヒュープロ一丸となって、
日本を世界一の国にすべく頑張ってまいりますので、
みなさま、どうぞよろしくお願いします。

株式会社ヒュープロ
山本 玲奈